穏やかな感覚

パワーストーンと誕生石の違い

誕生石とは、12種類の天然石のそれぞれの色と象徴を、1月から12月までに当てはめた、いわば誕生月の守護石のようなものです。
誕生石の由来については諸説あり、また、効果のほども定かではありません。
誕生石は守護石ともいわれますが、全世界同じではなく、各国によって違いがあります。

一説によれば、ユダヤ教の大祭司の胸当にはめこまれた12個の宝石が源だともいわれています。
また、旧約聖書のイスラエルの12部族、12天使による、などの説があり、定かではありません。
生年月日と石は密接な関係にあり、守る力も強力だという説もありますが、パワーストーンは、本来、必要とする人間に必要な時期にやってきます。

誕生石だけにこだわらず、直感的に「これだ」と思える石こそが、自分の守護石になるのではないでしょうか。
万一、自分の好みではない石が誕生石だった場合などはどうでしょう。
自分が好きになった石を大切にし、絆を深めることの方が、より良い効果をもたらすのではないでしょうか。
たとえ誕生石ではない石であっても、自分を選んでやってきてくれた石は、より強力な効果を発揮すると思えてならないのです。
どうあっても誕生石でなければ効果がないかというと、そんなことはありませんし、誕生石は根本に据えて、お守り的な支えにするという考え方が良いと思います。

このページの先頭へ